• グランツシーゲル スライド1
  • グランツシーゲル スライド2
  • グランツシーゲル スライド3
  • グランツシーゲル スライド4
塩野賢治

コーティングクリエイター
塩野賢治

GLANZ SIEGERは究極のコーティングだと自負しております。従来のものに比べると価格も高く、仕上がりまでの期間も1~2日長く設定させていただいております。その理由は、お客様のお車に合った作業方法を見極め、目の行き届かない細部の汚れも逃さず、完璧な状態を創り上げていくからです。私が目指すのは、お客様に期待以上の仕上げでお引き渡しし、心からの喜びを味わっていただくことです。お客様の身になって考えることを常に心掛けながら、自分の出せる最大限の力を発揮して大切なお車を磨き上げていきます。昨日より今日、今日より明日と、最高を追求し続けているGLANZ SIEGERの輝きを、是非体感してみてください。

究極のコーティング
GLANZ SIEGER コーティング工程

photo1

① 傷のチェック

ボンネットやタイヤ回りを重点的に、ハロゲンライトを使いすべての箇所をチェックします。磨きで消える傷か消えない傷かの判断も行います。どんなに小さい傷も見逃すことはありません。

photo2

② 洗車

まず、溝やくぼみなど細かなキワの汚れを、歯ブラシやヘラ、細い棒を使い落します。次に、洗車傷が入らない様に水をかけながら、セームを使いボディー全体の汚れを落とします。最後に、トラップ粘土で塗装面についているざらつき(鉄粉・ピッチ・タール)を落とします。

photo3

③ 塗装面チェック

通常は機械を使って行うことが多いのですが、GLANZ SIEGERはデジタル以上の精度を持つクリエイターの“目”で凹凸を見極めます。

photo4

④ マスキング

マスキングも時間をかけ、丁寧に行います。ゴム・ウレタン・メッキなどといった熱に弱い部分にマスキングテープを貼り、下地処理に備えます。

photo5

⑤ 下地処理

4種のポリッシャーを8種のコンパウンドの化学反応で下地を膨張させて傷を埋めていく加熱処理工法を用いています。これにより塗装を極力削らず下地処理することができます。

photo6

⑥ 脱脂

コーティング剤のノリがよくなるように、下地処理で使用したコンパウンドの脂分を取り除きます。アルコールをかけて、ネルウエスとセームで丁寧に拭き取ります。鏡面仕上げにした塗装に拭き傷をつけないよう細心の注意を払っています。

photo7

⑦ コーティング

アクアミカを原材料としたシリカガラスを状態に合わせて4~5回塗布し被膜を形成します。被膜硬度は石英ガラスに相当し、傷がつきにくく光沢のある塗装面を長期維持します。

photo8

⑧ トップコーティング

丁寧に塗ったガラスコーディングの上から、保護剤を塗っていきます。コーティングの持ちを良くするための、ひと手間です。保護剤にはアルキド樹脂系のポリマーを使用していて、耐水性に優れています。被膜性能は滑水性なのでウォータースポット(雨染み)等がつきにくいのが特徴です。

photo9

⑨ 仕上げ

余分な保護剤をネルウエスで拭き取り、目に付きにくい溝やキワに残っている汚れ・コンパウンドの粉などを、ヘラや細い棒を使って丁寧に取り除きます。エンブレムやマフラーカッターなどの細かい部分も手で磨きます。

photo10

⑩ 細部のクリーニング

ボンネット裏やドアノブ周辺、トランクふちなどの汚れも見逃しません。お客様でも手の行き届かない箇所の汚れを、丁寧に拭き取っていきます。

photo11

⑪ 最終チェック

傷が消えているか、凹凸がなく新車以上の輝きになっているか、一つひとつの工程を振り返りながら、最終確認。車全体を見て、トータルバランスのチェックも行います。最後に微調整をして完成です。

photo12

⑫ メンテナンス

施行から半年後に、無料でコーティングメンテナンス(洗車+トップコート塗り込み)を行っております。お客様ご自身で行っていただく日常のメンテナンスに関しては、ワックスは使用せず水洗いのみで大丈夫です。